母乳量を増やすための努力

母乳量を増やすための努力

 

28歳で女の子を出産しました。出産時はインフルエンザに感染し、産後すぐに5日ほど隔離され母乳がまったくでませんでした。
そんな私が3か月の頃には完全母乳へ移行することができました。
現在子供は一歳です。完全母乳で育児をすることができました。

 

 

母乳には免疫がある

 

母乳育児とミルクの栄養成分の違いはほとんどないと産院で説明を聞いていました。
しかしミルクにはないものがたった一つあげるとしたら免疫がはいっていないということを知り、なんとか初乳だけでも母乳を飲ませてあげたいと思うようになりました。
私は完全ミルクで育ち、なにかと風邪をひくことが多かったのです。
関係はないかもしれませんが、丈夫な子に育ててあげたいという気持ちが強かったために母乳育児にこだわりました。

 

 

ダイエットは卒乳後にしようと決めました

 

授乳しているととにかくお腹がすきます。
ご飯も大盛たべていました。
とにかく母乳量を増やしたかったので、食べて食べて食べまくりました。
夜中にもおにぎりを食べていました。
体型が気になりましたが、卒乳後に頑張ればいいと割り切ってあまり気にしないようにしました。

 

 

母乳にこだわりすぎないようにすることも大切

 

母乳にこだわりすぎて、なかなか母乳量が増えないときにはとても悩みました。
産後の情緒不安定な時期と被るときには、涙することもありました。
体型を気にせず食べることで、卒乳後のダイエットはとても大変でした。
妊娠前の体型にもどることはありませんでした。
しかし頑張ったおかげで母乳量は順調に増やすことができ、ミルク代の節約になったこと、ミルクの準備をしなくてもよくなったとこは、とても大きなメリットでした。
母乳量にこだわりすぎると、かえってストレスになってしますこともあるので、第二子が生まれたらあまりこだわらないようにすることも大切だなと感じました。