たんぽぽ茶のいろいろな味わい方で工夫、母乳維持を

母33歳 4歳、0歳4か月の2児がいます。

 

精神的にも経済的にも優れもの
母乳は母から直接与えられ、肌と肌とのくっ付け合いなどスキンシップの観点からも赤ちゃんの情緒的安定につながると言われています。
できる限り続け、安定につなげよい成長につなげたいという思いがあります。
また、母の身体から与えられるもので経済的にもリーズナブルな部分はやはり捨てきれません。
一人目は卒乳するまで母乳育児できたことも、また2人目でも続けていきたいという思いもあります。

たんぽぽ茶で母乳維持を
母乳育児の為いろいろな会社から飲み物が開発、販売されていますが、私は昔から飲まれているたんぽぽ茶を欠かさず飲むようにしています。
一日2、3リットルは水分をとることが母乳維持につながると言われているので、それを意識しつつ、特にたんぽぽ茶を多くとり、いろいろな飲み物で味を変えていきながら、水分補給するようにしています。
母乳維持し、ごくごくと音を立てて飲み、子どもの満足そうな顔が見れるように頑張りたいと思います。

 

味は好みがあるが、比較的安価で手に入りやすい
まず味は苦みのあるお茶で、薄いコーヒーにも似ています。
ただ、飲んだ人の味覚でコーヒーに似ていないという人もいますし、好みがあるようです。
私は好きですしストレートでも牛乳を入れて飲むのもします。
いろいろな味わい方があり、好みの方には飲みやすいかと思います。
また、ミネラル分が豊富で栄養分がある飲み物だということで母乳育児にはいいと言うことで、私は選びました。
やはり赤ちゃんに栄養ある母乳を与える為には栄養あるものを摂取した方が、赤ちゃんにも母体にもいいと思います。
緑茶や麦茶よりは高めですが、スーパーなど身近な場所に売られていて手に入りやすいです。母乳の為に特別に開発、ブレンドされたものよりは安価なのもうれしいところです。
たんぽぽ茶はいろいろな会社から販売されているので、試してみて自分に合ったものを見つけていくことが、母乳育児の楽しみにつながるのではないかと思います。

 

※個人的な感想で保証するものではありません。