授乳中、母乳にいい飲み物は様々ですがお茶はおすすめ

授乳中ママに聞いた!母乳にいい飲み物って何でした?

 

 

母(私)27歳 1歳8か月の息子が一人
25歳で初めて息子を出産しました。

 

お乳で免疫力が上がり、息子は風邪知らず元気でした

お乳で免疫力が上がり、息子は風邪知らず元気でした

胸もお尻も大きい私は、超安産型の家系です。

そのため、初産にもかかわらず、立ち仕事で運動をしていたこともあってか、何と陣痛から出産まで約4時間のスピード出産でした。
無論、安産の家系なため、息子を産んだ次の日からお乳が張ってたまりませんでした。
6時間もあれば、授乳パッドはびちゃびちゃになり、本当に恐ろしいほどお乳が出ていました。
看護師さんも、実母も、母乳育児の方が健康で丈夫な子どもに育つと言っていた事から、私は母乳育児を目指す事を決めました。
しかし、赤ちゃんはまだまだ上手にお乳を吸う事が出来ませんでした。
搾乳機で絞り、間接母乳とミルクの混合でお世話をしていたのですが、やはり母乳を直に飲ませた方が免疫も入っていると言われたので、泣けば事あるごとにお乳を咥えさせるようにしていました。
その甲斐あってか、いつしかミルクも必要なくなり、完全母乳で育てることに成功しました。
骨太で3か月で8kgと、かなり重たくてぷっくりした赤ちゃんでしたが、周りが手足口病や風邪、熱を繰り返していた時も、息子は一度も病気をしたことがない位元気でした。
もちろん経済的にもすごく助かりましたし、何よりもお乳を吸っている息子の顔が可愛くてたまりませんでした。

 

母乳を出したいなら、とにかくお米とお茶を飲むこと

母乳を出したいなら、とにかくお米とお茶を飲むこと

個人差はあるものの、まず、赤ちゃんは産まれてすぐには上手に乳首を加えることが出来ません。
そのせいで、「うちの子はお乳を飲まない」と悲しくなるママも少なくありません。
生後3週間〜1か月で、一時母乳の出が悪くなることがあります。
ここで諦めてしまうと、ミルクにならざるを得ないのですが、ミルク代は話を聞いている限りでも本当に高いです。
月一万円は軽く超えるそうです。
昔はよく、お餅を食べたらいいと言われていたそうですが、今ではお乳が出過ぎて詰まってしまう可能性があるので接種を控える様にと病院で指導されました。
また、お乳が詰まる食べ物としては、ショートケーキやチョコレートといった脂質の多い物が挙げられます。
私自身、身をもって体験しましたが、母乳を多く出す方法は、お米とお茶をたくさんとる事でした。
特に、お寿司屋さんに行った帰りは、30分もしないうちにお乳がかんかんに張っていました。
また、一般的に冬よりも夏の方がお乳の出が良いとされています。
端的に考えると、やはり体の「冷え」によって、お乳の出が悪くなると言えるので、体を冷やさない事も大切です。

 

母乳育児のメリット・デメリット

母乳育児のメリット・デメリット

母乳育児は、一般的に良い印象がありますが、もちろん、デメリットもあります。
メリットは、経済面で助かる事、肌と肌のスキンシップで愛情をより感じられること、病気になりにくいなどが挙げられます。
しかし、ミルクで育った子どもに比べて、離乳食の進みがあまり良くありません。
また、個人差はありますが、半年を過ぎた辺りからママを苦しめる「夜泣き」が始まります。
ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いため、朝までぐっすりの子が多いそうです。
一方で、母乳は2〜3時間おきに飲まさなければならないため腹持ちが悪く、また、お乳を咥えながら寝る子はお乳が離れてしまった事に気付いてしまうことで結果、夜泣きに繋がってしまう事も。
他にも、ママの乳首の皮は剥け、何度か血が出てしまうというおっぱいトラブルに見舞われたりもします。
歯が生えだす頃にガブッと噛まれて、泣くほど痛い思いもしました。
ミルクとは異なり、ママに直接ダメージがきます。
それでも私は、可愛い我が子のためを思うのであれば、母乳育児をおすすめします。
やはり、お乳を吸っている時の我が子の顔は、その時にしか見ることが出来ない「一生ものの思い出」になるからです。

 

授乳中、母乳にいい飲み物は様々有ります。
私が母乳育児でお世話になったいいものはお茶ですが他にも色々とありますのでご参考に紹介します。

 

※個人的な感想で保証するものではありません。

ミルクよりも母乳に自分自身が魅力を感じたから出産時に妊娠高血圧症と診断され、緊急帝王切開での出産となり、その後も私の方の身体がなかなか回復せずに、血圧を下げる薬などを飲んでいました。母乳に影響はないものを飲んでいましたが、やはり薬を飲みながら母乳を与えることに抵抗があったためはじめのうちはずっとミル...

母36歳で第二子を出産。最後の出産になると思うので、できるだけ、母乳中心で育てたいという方針でした。第一子は、混合だったので、混合でもいいから、母乳中心に育てたいという強い意思がありました。最大の栄養と親子の絆やはり消化が良い事。せっかく母乳が出るなら、一生のうちに与えられた、その期間を大事に使いた...

28歳で女の子を出産しました。出産時はインフルエンザに感染し、産後すぐに5日ほど隔離され母乳がまったくでませんでした。そんな私が3か月の頃には完全母乳へ移行することができました。現在子供は一歳です。完全母乳で育児をすることができました。母乳には免疫がある母乳育児とミルクの栄養成分の違いはほとんどない...

私は31歳で上の子が3歳、下の子が1歳の育児をしています。下の子は今まさに母乳育児真っ最中です。母乳育児は最高のスキンシップ母乳をあげることで、赤ちゃんも母親も肌を触れ合わせることでとても精神的にも落ち着くし、授乳自体がスキンシップになって赤ちゃんを愛おしく感じる、とても幸せな時間です。上の子を見て...

母である私は37歳で、子どもは2歳と5歳の二人です。二人とも完全母乳で育てました。必ずしも母乳が良いとも限りませんし、出ない方もたくさんいます。愛情や絆は様々な形で築いていくものです。ただ、私の場合は母乳育児が子どもとの絆をより深めることができた1つのことのように感じました。母乳はコミュニケーション...

「母乳はつながり」赤ちゃんとつながる、母親にしかできない唯一のことだと思い、母乳にこだわりました。なるべく質の高い母乳を出したいと思い、よく言われる和食中心、お米をたくさん食べる、油物は避ける、カフェインは取らないなどを意識していました。また、たんぼぽ茶を飲むなどネットを見たりして試しました。三つ子...

母24歳、子供が生後5ヶ月で現在完全母乳で育児中です。母乳に悪影響を及ぼすお酒やタバコも元々大の苦手ですし、ストレスも母乳に良くないとのことですが旦那さんにタバコは外で吸ってもらうなど周りの家族の協力のもと特にストレスを溜めずに生活することができています。母乳はダイエット、育児の味方私の産院では完全...

母 24歳息子 1歳8ヶ月母乳はスペシャルフリードリンク出産前の私は、母乳育児に特にこだわりはなく、出れば出るだけあげればいいか、くらいの気持ちでいたのでミルクと併用するものだと思っていました。ところが、出産後の私からはミルクが必要ないくらいの母乳が出ていました。息子が飲む量より遥かに多く生産されて...

37歳での初産でなおかつ緊急帝王切開での出産となりました。現在7カ月となった我が子を母乳で育てたいと考えたのには理由があります。母乳で得られる免疫力普通分娩であれば産道を通り得られた免疫が帝王切開で生まれた我が子には無いので、母乳育児で少しでも免疫力を補いたいと考えました。勿論、私のおなかの中にいた...

母31歳、0歳男児免疫力をプレゼント 通っていた産院が、完全母乳育児推奨で、母親教室で何度も念を押して母乳育児の良さをアピールするような所でした。免疫物質が母乳を通して子に移行することや、赤ちゃんの吸う能力が鍛えられて、喘息の予防や中耳炎の予防にもあるんですって!母乳をあげれば、とにかく赤ちゃんが健...